わたしが『岐阜市での暮らし』に決めた理由


わたしが 『岐阜市での暮らし』に 決めた理由

岐阜市に移り住んで生活を送る方々に、きっかけや、実際に住んでみた感想などを語ってもらいました。

まちと自然の距離が近く、水がきれいな岐阜市での就農を決めました

えだまめ・ほうれんそう農家

【東京都→岐阜市】えだまめ・ほうれん草農家:岸 健幸さん(岐阜市黒野地区在住)

Q:移り住んだきっかけは?

僕はもともと東京でサラリーマンをしていて、CMやWEB広告などを作る仕事をしていました。毎日終電で帰るような生活を送っていて、ずっと疲れやストレスを感じていたんです。そんなとき、東日本大震災が起きて、生きることについて改めて考えました。そして、命の糧になる食べ物を自分の手で作りたいと思うようになり、農業を志したことがきっかけで、妻と岐阜市に移住しました。

Q:岐阜市を選んだ理由は?

黒野南の圃場

黒野南に圃場(ほじょう)があります。「広い空の下で作業するのが好きなんです」

最初は全国を移住の候補地にしていました。でも暑すぎず寒すぎない場所が農業に取り組みやすいかなと。そこで岐阜市が浮かびました。親父の実家がこっちのほうにあって、幼少期によく遊びに来ていたんです。食べ物が美味しくて自然が豊か。何より、きれいな水が豊富っていうイメージが強かったですね。農業をやるには良い環境だと思いました。

 

Q:実際に住んでみた感想は?

岐阜えだまめ

採れたての「岐阜えだまめ」。岸さんは午前3時に起床して収穫を行います

岐阜市で暮らし始めて6年目になりますが、生きていきやすい場所だなって実感しています。まちと自然のバランスが良い。駅前から北へ車を走らせるとどんどん緑が増えていきますよね。忠節橋を越えると畑が見えてきて、さらに行くと山がある。思い立ったらすぐに良い景色を眺めに出掛けてリフレッシュできる。ずっと住んでいると当たり前の景色かもしれないけれど、素晴らしいことですよ。移り住んだ者だからこそ気付ける良さかもしれません。

 

生活と仕事を両立していける環境が気に入っています

企画事務所・飲食店経営

【愛知県→岐阜市】企画事務所・飲食店経営: 古田 基志さん、早苗さん(岐阜市長良東地区在住)

さなえ食堂店舗情報   詳しくはこちら

Q:移り住んだきっかけは?

早苗さん 結婚を機に主人の実家がある岐阜市に住み始めました。でも当時はお互い職場が名古屋市だったので、こちらへは寝に帰るだけっていう状態でしたね。
基志さん そこで平成13年に、企画の仕事の拠点を岐阜市に移したんです。

Q:現在の仕事について教えてください。

金華山カレー(玉子トッピング)

「さなえ食堂」の人気メニュー「金華山カレー(玉子トッピング) 850円」

基志さん アパレルで培った経験を生かして企画事務所を経営しています。最近はWEB媒体が発達し、岐阜からでもお客さんとの連絡がスムーズにできるんです。平成27年には、岐阜市の「中心市街地活性化空き店舗活用事業」の補助金を利用して美殿町にカレーライスの店「さなえ食堂」を開きました。自分たちで一から作ったものを、お客さんに直接届けられる飲食業に挑戦したいと思ったんです。
早苗さん 普段、店は私が切り盛りしています。やるからには長く続けたいですよね。そうなると、家事や子育てとの両立が大切。商店街としての土台があるこの場所や小さな店構えが、私たちにぴったりでした。

Q:子育て環境はどうですか?

さなえ食堂店内

店には基志さんが描いた絵や、早苗さんが作った陶芸作品なども飾られています

早苗さん 岐阜市は子育てしやすい場所だと思います。自然がいっぱいで、家族で遊べるところがたくさんありますよね。初めは長良川沿いのマンションで暮らしていたので、よく子どもたちと川に泳ぎに行っていました。バーベキューも、泊まりじゃなくて日帰りで気軽にできちゃ

う。家族が楽しく過ごせる環境がありますね。

岐阜市での暮らしに興味がわいたら

岐阜市には移り住む際に役立つさまざまな制度があることをご存知ですか。「住む」、「働く」、「チャレンジする」。あなたが思い描く暮らし方が岐阜市で見つかるかもしれません。まずは気軽にご相談ください。

農業次世代人材投資資金 ~岸さんが活用した制度~

新しく農業を始めた人に対し、農業を始めてから経営が安定するまでの最長5年間、前年の所得に応じて年間最大150万円を交付する制度です。

  • ※就農時に45歳未満かつ就農してから5年以内の方が対象となります
  • ※2年目以降は前年の所得によって交付金額が変動します
  • ※交付を受けるには条件があります。詳しい申請条件などはお問い合わせください
  • 【問い合わせ先】岐阜市農林政策課 TEL.058-265-3896

中心市街地活性化空き店舗活用事業 ~古田さんが活用した制度~

岐阜市の活性化を図ろうと、中心市街地にある商店街の空き店舗を借りて店を出す人に対し、賃借料と初期費用の一部を補助する制度です。

  • ※賃貸借契約前に申請が必要です。ご注意ください
  • ※補助を受けるには条件があります。詳しい申請条件などはお問い合わせください
  • 【問い合わせ先】岐阜市産業雇用課 TEL.058-214-2360

 


相談窓口

【岐阜市】岐阜市総合政策課
TEL.058-214-2019

【岐阜県】清流の国ぎふ 移住・交流センター
[東京]
東京都千代田区有楽町2-10-1

東京交通会館8F NPO法人ふるさと回帰支援センター内
TEL.080-7749-3317 FAX.03-6273-4404
MAIL.gifu(a)furusatokaiki.net

[名古屋]
愛知県名古屋市中区栄4-1-1
中日ビル4F 飛騨・美濃観光名古屋センター内
TEL.090-2619-2102 FAX.052-261-7457
MAIL.gifu-ijuu(a)mopera.net

※上記Eメールアドレスは(a)を@に変換してご利用ください。